2017.04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.06
Home未分類>武士道について

2016.02.02 Tue

NO.596

武士道について

武士道と経営について少し話をします。
戦国時代は戦いしかありませんでした。

生きるか死ぬかです。
自分自身もそうですし、
家族、親戚も常に生きるか死ぬかです。

このような中、武士道が生まれてくるのです。
すべて大将(トップ)しだいなのです。
私たちは歴史で習ったような
有名な戦いしか知りません。
織田信長の桶狭間とか・・・

しかし、名を残した武将はどれぐらいの数、戦ったのか?
1回~5回と思われるかもしれませんが・・・
全然違います。

名のある武将は100回以上の戦いをしています。
毛利元就なんかは250回を超えています。
死ぬか生きるかの戦いです。

何故、こんなに戦えるのか?
それは・・・
武士道で最も嫌った言葉を知っていますか?
それは「臆病」です。

「臆病」は武士にとっての「恥」なのです。
「臆病」を選ぶよりは武士は死を選んだのです。
だから戦いが多いのです。

「臆病」の反対は「勇気」です。
「勇気」がなければ武士にはなれません。
それでも50%は死にます。

あなたも100回以上、命がけで戦っていますか?
その勇気はありますか?
しかも今の時代負けても死にません。

臆病は「恥」です。
あなたも勇気をもって戦ってくさい。

超零細商店復活の方法(松下三郎著)



零細商店復活の方法

不易と流行と貞観政要を学ぶ




Comment

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://sabuchan555.blog112.fc2.com/tb.php/596-1be26844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)